パスポート(旅券)

これで完璧!パスポート申請必要書類の準備。値段・費用はいくら?

投稿日:2015年6月3日 更新日:

パスポート申請の必要書類

まずパスポートには5年用と10年用があり、どちらを申請するにも同じ申請書類が必要です。ちなみにもう手元に既存のパスポートがあるという方も、滞在国によってはパスポートの有効期限が3ヶ月~半年を切ると入国が厳しくなる国もあります。
再度、有効期限を確認して、日数が足りなければ、再度取得した方が確実なので安心です。

さて、申請に必要な書類を以下にまとめてみました。

新規での申請(5年用・10年用)

  1.  一般旅券発給申請書
    (この書類を申請窓口で受け取って記入します。詳しくは【パスポート 申請書 書き方】をご参照ください)
  2.  戸籍謄本または抄本(6ヶ月以内に発行されたもの)・・・・1通
    (本籍地と現住所の都道府県が異なる場合は戸籍謄本を取り寄せ・郵送する方法もあります)
  3.  住民票(6ヶ月以内に発行されたもの)・・・・1通
    ※原則必要ありませんが、住民票がない場所・地域で申請する場合や1ヶ月以内に転出入したばかりの方は準備する必要があります。
  4.  本人確認書類(運転免許証など)  
    ※詳しくは【パスポート申請・発給に必要な身分証明書】をご参照ください。
  5.  写真(6ヶ月以内に撮影されたもの サイズは縦4.5cm×横3.5cm)・・・・1枚
  6. 印鑑(スタンプ印不可)
    ※本人または法定代理人が署名する場合は不要です

 

有効期限切れパスポート所有者の場合(新規発給)

  • (上記1~6に加え)有効期限切れのパスポート
    ※表紙に穴をあけられて使用済み扱いになりますが、返却はされます。
    ※新しいパスポート番号へ変更となる新規発給扱いとなります。

 

有効期限内のパスポートを更新したい場合(切替発給)

  • (上記1~6に加え)有効期限内のパスポート
    ※有効期限内のパスポートを失効させ、新たにパスポートを作ります(切替発給)。

[aside type="normal"]

パスポートが有効期限内の場合、以下の資料を省略することができます。

  • 氏名や本籍地に変更がない場合・・・②「戸籍謄本」が不要
  • 住民票の移動がない場合・・・③「住民票」が不要

[/aside]

スポンサーリンク

「パスポートの更新ってどうすればいいんですか?」と聞かれることがしばしばありますが、実はパスポートは更新できません

基本的にはパスポートは有効期限に関係なく、パスポート番号が変更となり、新たにパスポートを作ることになります。(有効期限切れの場合は新規発給、有効期限内の場合は切替発給)

取得・申請する場所

必要書類を揃えたら、住民登録している都道府県のパスポート申請窓口で行います。
『パスポートセンター』や『旅券センター』、『旅券事務所』など都道府県によって旅券事務所の呼び方は異なります。また自治体によっては役所・役場の旅券課などでも申請受付しているので、まずは住民登録している市町村へ問合わせてみるといいでしょう。

自治体のパスポートセンターでの受付時間

【平日のみ】

  •  申請・・・・8:45~16:30
  •  受取・・・・8:45~17:00

各都道府県によっても対応時間が異なるかもしれませんので、こちらも申請前に確認しておく方がいいでしょう。

 

申請して受け取りまでにかかる期間

無事に申請が受付されたら、申請した日から6営業日~10日営業日に受け取りが可能になります。日数はあくまで目安のようなので余裕を持って申請したいですね。例えば、月曜日申請したら、翌週の月曜日に受け取りが可能です。

出張などで、どうしても1週間以内に受け取りたい!という方は会社から発行される「出張命令書」などがあれば、もう少し早く受け取りができるようですが、必要書類等は事前に確認しておきましょう。

※申請した旅券は期限内(6ヶ月以内)に受け取りに行きましょう!

 

パスポート(5年・10年)の値段・費用はいくら?

次は気になる金額ですが、滅多に作るものではないから高いのでは…と心配される方もいらっしゃるかもしれません。
実は意外にも(?)、それほど高くない金額でパスポートは新規発給することができます。

  •  【10年用】・・・・1万6000円
  •  【5年用】・・・・1万1000円
  •  【5年用】※申請時に12歳未満の場合・・・・6000円

あまり費用をかけたくない方や、何度も海外へ行く予定がない方はお手頃な5年用のパスポートで申請された方がいいかもしれません。5年後~10年後の間にもう一度海外旅行に行きそうなら、10年用がコスパが良いですね。

ちなみに申請時に20歳未満の場合は10年用のパスポートは申請できないようです。
この料金は現金ではなく、都道府県収入印紙と政府収入印紙を購入することになります。
収入印紙はパスポートセンターでも購入できるので事前に準備しなくても大丈夫です。

申請時には、受け取り時の控えとして、『旅券引換書』が手渡されます。
これは受け取り時に料金と一緒に提出するものなので、受け取るまでは紛失しないよう大事に保管しておきましょう。

おすすめのまとめ記事
旅券パスポート申請から受け取り(取得・更新)までの完全ガイド

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅を楽しくするオススメサイト

海外旅行に行く方は、いざという時の紛失に備えて予備カードを含めた2枚持ちがお薦め!

オススメの旅行サイトで予約が済んだら、年会費が無料で海外旅行に使えるおすすめのクレジットカードを早めに準備しましょう!

ダウンロードしてフライト中に動画視聴できるオススメVODもご紹介します!

【海外旅行にオススメ・年会費無料】三井住友VISAカード(クラシック)

  • 様々なアクシデントに備えて海外旅行保険の補償額が最大で2,000万円
  • 一般のVISA加盟店で使用すると1,000円ごとに1ポイントのワールドプレゼントが付与される
  • 万が一紛失や盗難に遭った際も24時間年中無休でサポートサービスが実施されている
  • 不正利用による損害を補償するVpassID安心サービスが取り入れられている

【総合旅行サイト】H.I.S.(エイチ・アイ・エス)

  1. 安心安全の海外国内拠点(海外160都市270拠点/国内267店舗)
  2. 豊富なラインナップから希望に合った旅行ができる
  3. H.I.S.限定のお得なプランがたくさん
  4. 豊富なオリジナル商品(ciaoツアー/語学研修/航空券/添乗員同行ツアー/スポーツイベント/海外ウェディング)

【搭乗前・フライト中に動画を見るなら】dTV

  • スマホやタブレットのdTVアプリにダウンロード可能。フライト中に動画視聴できる! ※スマホの端末に直接動画を保存することはできません。
  • 映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品
  • 月額500円(税抜)で見放題の定額制動画配信サービス
  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • 初回31日間おためし無料! ※初回31日間の無料おためし期間に退会した場合、利用料金はかかりません。 
  • 【主なジャンル】洋画、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、アニメ、オリジナル、バラエティなど

-パスポート申請・取得
-, , ,

Copyright© パスポート申請クレジットカード海外旅行準備ガイド【パスペディア】 , 2019 All Rights Reserved.